久々の東京

一番乗客の少ないと思われる時間帯の列車で上京

新幹線はガラガラでソーシャルデスタンスはとれてる。

山手線も離れて座れるほどの室内

それでも、昼時間帯は代官山、渋谷中心街は人出多いと思われる。

画像は仕事帰りの代官山での光景、画像だと人がいないように写っているが、わざわざ人がいない場所でさっと撮影。        実は相当の人出で、びっくり!

代官山TSUTAYAあたりは人で多し

朝の渋谷駅近辺も人出多い、それも徹夜明け、酔っぱらいの若いグループ多いこと

早々に人の多い所は抜け出して、なるべく人のいない道を散歩。駅近辺はまだまだ工事中真っ盛り!

早朝の渋谷駅東口側(

考えられる感染予防の徹底で、久しぶりのひやひやの緊張感いっぱいの散歩でした。

行って来ました。

恒例の春の飯田線乗り鉄旅

山の中の村、とよね村のメイン道路

桜は豊橋は散り盛んであったが、飯田線沿線駅は散り終わりの感じが多く、豊橋より早めに終了していてびっくり。

山は若葉がきれい!

乗っているだけで楽しい乗り鉄なので多少天候が悪くともOKなのだが、雨で残りの桜が散ってしまうのが惜しい!

秘境の駅の入り口の大嵐(おおぞれ)で降りると直ぐに吊り橋

佐久間ダム湖に架かっている。
橋の上からの画像
水面は佐久間ダム湖
画像真ん中辺が大嵐駅 (静岡県)

反対側は愛知県北設楽郡豊根村富山(合併以前は離島以外の市町村の中で最も人口が少ない村日本一小さな村)

結局、雨に降られて、村内に空いているお店もなく、屋根付きバス停で稲荷寿司お弁当を食べて帰豊。

青空ホリデイパスを利用した、往復9時間の旅でした。

こんな事をしてます。

朝は散歩、こんな所を見ながら歩いてます。

下画像は日曜日の夜に降った大雨の濁った翌朝月曜日の川面

潮も大潮だったが、それにしても水量多し

東海道線の橋梁
こちらは飯田線(名鉄)側
この後、さっと晴れて暑いぐらいの日

時にはプールに行ったりしてます。

お隣の町の温水プール
平日なので空いてます。

ゆっくり自転車を利用して2時間弱、良い運動です。

こんな所にも行ってます。

先々週の事

獅子岩の頂上前
突き出た岩場の上
下の集落を見下ろす。

低い山だが見下ろすと急で怖い!

2月はこんな所にも行きました。

2月11日
茶臼山スキー場

私はスキーはしませんが、同行者がスキーの大愛好者で二滑り程。

雪を被った南アルプス

一番近い山(豊橋で一番有名)

頂上から南側を望む。まるか向こうは太平洋(光っている)

昨日は天気も良く、お昼過ぎにはポカポカ陽気になった。

昼食をさっと済まして、さっと行ってきました。

豊橋で象徴的で一番有名な石巻山

車で20分でちょっと登った所にある駐車場に車を止めて、登ること20分で頂上

(ふもとに車を止めると30分程余分に掛かる。)

途中はこんな感じ

頂上すぐ下、一番険しい
岩、石は石灰岩(と言う事は大昔は海の底)

頂上からの展望

(麓付近)
東側(湖西の山々)
北側(石巻の集落)
西側(豊川の市街地)

往復で1時間足らず、とってもお手ごろな山でした。頂上付近は岩場で険しいがね)

時間が許せば、麓の神社に車を置いて、くねくね道を歩くのも楽しそう。1人見かけました。)

明けましておめでとうございます。

もう今年も3日になってしまったが、お目出たい元旦の初日の出

これを、拝んでコロナ退治だ!

豊橋は7時ちょっと過ぎ、堤防には結構な人出

皆さん、寒い中待ってます。

日の出直前
出始めました。人を写さない場所に移動
日の出

今年もよろしくお願いいたします。

今年は良い年にしたいものだ。

今週も行きました。

1日に十数回もの登山記録もあるような地元では、有名な本宮山(ほんぐうさん)

ちょっとナメテました、結構やわなオジサン2人には結構きつめ!

80は越えていらっしゃる感じのおじいさん、おばあさんにも抜かれてアップアップ!

先週の雪も上の方は残って、神社の奥の院の階段上は凍ていて危険なほど

頂上は見晴らし良く、この日は太平洋から霞んだ富士山まで見えました。

正面左側は太平洋、島みたいなのは渥美半島
付近では最も高い山なのでアンテナ類が乱立、残雪も
日が残っている所はポカポカ陽気で絶好のお弁当場所
日陰は雪も溶けず

ゆっくり登って、降りは半分くらい林道を歩いて楽をしました。

もっともその気になれば車で頂上まで行ける山ですが・・。

久々です。

少し暇になったりして、誘われるままに山に行ってます。(低い山で週一に届かない数)先週の10日(木)の天気の良い、暖かな日に愛知県の県民の森から登って尾根巡り。

ダムによってできた鳳来湖、豊橋市の水ガメだ。

それにしても穏やかな日で尾根を歩いていると汗が出た。

こんな岩の上でお昼弁当

こんな所へも。眺めは抜群でびっくり!右の大きな岩はオーバーハングしている。

高所恐怖症気味の私は苦手

天気が良いので遠くまで見通せる。

紅葉はほとんど終了

この日は、朝8時くらいから14時くらいまで歩いて約20,000歩

良く歩きました。

先週行ってきました。

連休明けの11月4日(水)早朝より二時間半かけて愛知県境の長野県側の大川入山

そうです、1カ月前ぐらいに、大変苦戦をした山です。リベンジではないのですが、誘われるままに、反対側から登ってみました。

この日は風もあまりなく、良く晴れたが、寒い!夜のうちは雨が降っていました。

登山口はスキー場跡

遠くの山(南アルプス)は雪化粧

遠くの頂きが白く見えるのが南アルプスの北の端の方

ゆっくり上っていたら、足元が白と紅葉した葉

キレイだが足元心配

この山にも雪が積ってる!。まさかの雪!

雪の中に落葉松葉

非常に情緒はあるのだが・・・。足元が・・・。寒い・・・。

慎重に足を運び結構時間を使って、大川入山が目の前、急登り始めまでたどりつき、(南向きのポカポカ道のちょっとした腰を下ろせるポイントで昼食。

昼食時のポイントの目の前風景

目の前の谷川の松(?)、よーく見ると白い何かが付いている!?。風が吹くと何かがサラサラと降ってくる!、冷たい・・・。樹氷!?、初めて、目の前で見ました。

樹の向かって右側の白いものが樹氷

そんなんでこの日はここで諦めて、慎重に来た道を降ったとさ。

足も右側のひざ横スジのみが軽く痛いのみで、この日は全く無事に帰ることが出来た。

めでたし、めでたし。リベンジは来年だ!(出来るか?)

途中の風景

帰り道で見た樹氷。

真ん中の向こう側の山に見える春のヤマザクラみたいなものが樹氷のついた樹木たちだ。