久々の東京

一番乗客の少ないと思われる時間帯の列車で上京

新幹線はガラガラでソーシャルデスタンスはとれてる。

山手線も離れて座れるほどの室内

それでも、昼時間帯は代官山、渋谷中心街は人出多いと思われる。

画像は仕事帰りの代官山での光景、画像だと人がいないように写っているが、わざわざ人がいない場所でさっと撮影。        実は相当の人出で、びっくり!

代官山TSUTAYAあたりは人で多し

朝の渋谷駅近辺も人出多い、それも徹夜明け、酔っぱらいの若いグループ多いこと

早々に人の多い所は抜け出して、なるべく人のいない道を散歩。駅近辺はまだまだ工事中真っ盛り!

早朝の渋谷駅東口側(

考えられる感染予防の徹底で、久しぶりのひやひやの緊張感いっぱいの散歩でした。

散歩中の河原でこんな風景を撮影していたら発見!

すっかり春

で川面を見ると、うん!?

真ん中の白ぽい色の物質、死んでいる魚のようだが?

大きくして見ると、1メートル近い大きさの鯉のような死んでいる魚

沈んで動かない

泳いでいる鯉はまあ見るが、死んでいるこの大きさは初めてだ。

そんなこんなの毎日だが、山ではこんな収穫!

ワラビ、コシアブラ、タラの芽  すっかり春の味!

ゲテモノOR珍味

潮干狩りをした日の夕食

(時計回りに)大きない皿のにし貝のさっと煮付、

海鼠腸(このわた)酢、つまりナマコのわた

アサリ入り玉子焼き、ナマコ酢 冷酒 以上が夕食

潮干狩り日の夕食

アサリはごく普通に採れたので、この日はナマコ2,にし貝(少し小さめ)も採ってきまし(アサリは既定の量決められているが、これらはそれ以外と言う事で。

行って来ました。

恒例の春の飯田線乗り鉄旅

山の中の村、とよね村のメイン道路

桜は豊橋は散り盛んであったが、飯田線沿線駅は散り終わりの感じが多く、豊橋より早めに終了していてびっくり。

山は若葉がきれい!

乗っているだけで楽しい乗り鉄なので多少天候が悪くともOKなのだが、雨で残りの桜が散ってしまうのが惜しい!

秘境の駅の入り口の大嵐(おおぞれ)で降りると直ぐに吊り橋

佐久間ダム湖に架かっている。
橋の上からの画像
水面は佐久間ダム湖
画像真ん中辺が大嵐駅 (静岡県)

反対側は愛知県北設楽郡豊根村富山(合併以前は離島以外の市町村の中で最も人口が少ない村日本一小さな村)

結局、雨に降られて、村内に空いているお店もなく、屋根付きバス停で稲荷寿司お弁当を食べて帰豊。

青空ホリデイパスを利用した、往復9時間の旅でした。

こんな事をしてます。

朝は散歩、こんな所を見ながら歩いてます。

下画像は日曜日の夜に降った大雨の濁った翌朝月曜日の川面

潮も大潮だったが、それにしても水量多し

東海道線の橋梁
こちらは飯田線(名鉄)側
この後、さっと晴れて暑いぐらいの日

時にはプールに行ったりしてます。

お隣の町の温水プール
平日なので空いてます。

ゆっくり自転車を利用して2時間弱、良い運動です。

こんな所にも行ってます。

先々週の事

獅子岩の頂上前
突き出た岩場の上
下の集落を見下ろす。

低い山だが見下ろすと急で怖い!

2月はこんな所にも行きました。

2月11日
茶臼山スキー場

私はスキーはしませんが、同行者がスキーの大愛好者で二滑り程。

雪を被った南アルプス

気がつけば3月も終盤

今年もきっちり咲いてくれました、アケビ。

下の画像の紫色のモノが花、上部が雌花、下の玉上のモノが雄花

恒例のアケビの花
雄花の拡大
絡まる枝

枝を切りそろえようとしたが、余りに多くてめげて中途半端、で、かなり枝が絡み合ってむさ苦しい。それでも、何もお手入れ無しなのに毎年実ってくれてご苦労様。