散歩中の河原でこんな風景を撮影していたら発見!

すっかり春

で川面を見ると、うん!?

真ん中の白ぽい色の物質、死んでいる魚のようだが?

大きくして見ると、1メートル近い大きさの鯉のような死んでいる魚

沈んで動かない

泳いでいる鯉はまあ見るが、死んでいるこの大きさは初めてだ。

そんなこんなの毎日だが、山ではこんな収穫!

ワラビ、コシアブラ、タラの芽  すっかり春の味!

ゲテモノOR珍味

潮干狩りをした日の夕食

(時計回りに)大きない皿のにし貝のさっと煮付、

海鼠腸(このわた)酢、つまりナマコのわた

アサリ入り玉子焼き、ナマコ酢 冷酒 以上が夕食

潮干狩り日の夕食

アサリはごく普通に採れたので、この日はナマコ2,にし貝(少し小さめ)も採ってきまし(アサリは既定の量決められているが、これらはそれ以外と言う事で。

行って来ました。

恒例の春の飯田線乗り鉄旅

山の中の村、とよね村のメイン道路

桜は豊橋は散り盛んであったが、飯田線沿線駅は散り終わりの感じが多く、豊橋より早めに終了していてびっくり。

山は若葉がきれい!

乗っているだけで楽しい乗り鉄なので多少天候が悪くともOKなのだが、雨で残りの桜が散ってしまうのが惜しい!

秘境の駅の入り口の大嵐(おおぞれ)で降りると直ぐに吊り橋

佐久間ダム湖に架かっている。
橋の上からの画像
水面は佐久間ダム湖
画像真ん中辺が大嵐駅 (静岡県)

反対側は愛知県北設楽郡豊根村富山(合併以前は離島以外の市町村の中で最も人口が少ない村日本一小さな村)

結局、雨に降られて、村内に空いているお店もなく、屋根付きバス停で稲荷寿司お弁当を食べて帰豊。

青空ホリデイパスを利用した、往復9時間の旅でした。

青春18切符

去年の12月に早々と購入してしまったが、1回(東京→豊橋)使ったきりで

使うところがなくて無理やり決行。今年の正月初めの頃の話です。

密を避けたいので、飯田線で使用

水窪と佐久間(静岡県浜松市)に行きました。

水窪 駅は町のはずれの川を渡った高さの有る所。

下の画像の階段の上が駅(降りたのはワタクシ、カミさん2人のみ)

天竜川を渡る吊り橋
吊り橋から

この日はとても寒い日でカメラを取出すのも嫌になるほど。

次の画像(違う日)は中部天竜から佐久間駅の途中、この日も非常に寒い日でした。

鉄橋(線路)横に歩行者用の通路があります。

これが怖い!

右が飯田線線路
右は佐久間ダムの水路(落下した後)と思われる。

30から40m下が川、上から見ると非常に怖い(高所恐怖症気味)

水は非常にきれい。

乗り鉄の私は、1車両に1~3人しか乗っていない電車に、のんびり揺られているのが

天国。


この頃

早朝散歩は続けてはいる。ほんの1週間前までは散歩時に暑かったり、汗びっしょりになったが、今日なんぞは寒いほど。


朝日です。(1週間ほど前)

だいぶ日が短くなってきた。朝は日の出が遅くなり、夕方はぐっと日の落ちるのが早くなった。

夕日(ちょっと前)
夕日を映す車両(1カ月前)

季節は季節はちゃんと代わりつつあり、ヒガンバナももう遅め

こんな場所にも

そんな今日この頃、右の小指がばね指とやらになってしまった。(ウットオシイ)

シャキッと伸びない。

家でお仕事

今までは家でお仕事を全然しなかったが、コロナの事があるので家での仕事の環境を整えました。特別定額給付金を使って、モニター、机、イス、その他もろもろの小物の部品等、全額は使わなかったが、結構かかりました。

モニターと机、テンキー新購入

スタンドは20年物

余分なものも写ってるが・・・。

手前の丸いパッドは図面のCAD 使用時に使う使用補助機(マウスやキーボードを使うのが楽になります。)

リクライニングするメッシュイス

このイスはメーカー品、楽です。おすすめ!

本当は家では仕事したくないが、東京はちょっといま、怖い。特に食事に困る、弁当ばかりだと飽きるし。

しばらくは東京はどうしてもの理由以外行くのは止めです。