日々

66年も生きていると色々あります。

そんな日々、近くの好きな場所を早朝散歩、この日はちょっとかすんでます。

冬の風のある日は南アルプスが見える方向、鉄橋は新幹線

豊川(とよがわ)

すこし河口に歩いた堤防カ所

冬には鳥達が休む場所

堤防反対側はビワがたわわに実っている。

熟すと鳥が狙うビワ

久しぶりの今週のお弁当は久しぶりの弁当箱

卵焼き、残り天ぷら(ズッキニー、タケノコ、ナス、タマネギ) スパゲティ(ウインナ、玉ねぎ)、茄子とピーマン炒め、焼イワシのツミレ、レタスにミニトマト

金目鯛をいただいた!

カミさんがもらってきました、立派な釣りキンメダイ、30㎝越えです。我が家には大きな出刃包丁が無いので小型出刃包丁で頑張りました。晩酌中ごろの到着でやや酔っ払い状態の作業。

30数㎝の釣り金目

先ずは肝を選別、胃袋と肝臓と卵巣?は新鮮そのものなので良く洗って煮付

何せ包丁さばきは下手なうえに包丁も小さすぎて苦戦

最右が胃、小さなエビが入ってました。
3枚におろして

下手な包丁さばきなのであらが多くなる。鍋の中があら

お皿上が煮付用の身、右が刺身用

成果の一部

さっと熱湯を注いで皮まで食べられるようにした刺身の一部と内蔵の煮付、さすがに美味しかったが、翌日の方がもっとおいしくなっていた感じ(刺身、煮付とも)

ある日の新幹線中で

平日の早めの夕方の下り新幹線の中、乗客少なめ。

なのに右横の2人のサラリーマン、ビールロング缶2本とお弁当で大盛り上がり

同じ並びの窓際の人も前の席の人も、ビールロング缶

皆さん出張帰りでホットしての1杯なのでしょう。

負けずにワタクシも普通缶、飲みました。(競ってどうする!)

客少な目
社内販売の後ろ姿

週末前の夕方の新幹線ひかりの車内はなんかちょっと緩めの空気が漂う。

冷蔵庫が不調なので・・

夕食の肴

内部の食材を早めに使うようにしないとちょっと心配なのでこの日も冷凍(解凍気味)のハマグリを酒蒸しにし、湯をくぐらせた豆腐の上に乗せた1品と   カツオの刺身、モズクの酢の物、ドテ煮

これで1人分(私)

ウマズラハギの煮付は本当は二人前のつもりがほとんどワタクシ用になってしまいました。手前のこんにゃくはお手製(ご近所のいただきもの)

酒と砂糖とみりんと醤油のみの煮魚

翌日の夕食、この日は昨日の残り物(刺身、煮魚)、さやいんげんと山ウドのキンピラ、小キュウリの糠漬け、小鯵の南蛮漬

残り物多し

アボカドとさつま揚げ

追加のつまみ

何故?

何故かしら、やってしまいました。

よく見ないと(よく見ても分かり辛いが・・)分からないが

ズボンのすそあげしてます。手縫いで、それもバカ丁寧に ・・ ・・ 。

手縫い裾上げ
裾上げ終了

すそ端部を細かにまつり縫いをして裾上げ。

カミさんに見せたら笑われました。

安物の綿素材のラフな家着のズボンなのでお店で裾上げなしで購入

すそ折り曲げて着てました(それで問題なし)が、何を思ったか突然始めてしまいました。

総時間4時間、家庭科不得意だったのですが、コツコツ手仕事は結構好きなので試してみたかったんですね。老後の何とかかもね?

そんな日の肴はこれだ!

サラダ(バナナ、チーズ、ミニトマト、糠漬キューリ、糠漬人参、ドライイチジク、アボカド、缶詰白桃)

なんでもサラダ

追加のつまみ(焼丸干イワシと銀杏)

冷蔵庫の残り物
残り物

先週の事

いつもは列車で帰るのだが、ワタクシ乗り物(飛行機以外)に乗っているだけでうれしいので時には高速バスも利用する。(本も厚めの1冊読めるのでね。)

画像は太平洋の横を走る東名高速のバス車窓からの風景

山あり海ありの風景だが海はこの近辺だけかな?

車窓よりの由比港近辺

そんな先週も山菜の最も採れる時期なので、我が家にも、ご近所さんから回ってきました山菜

左から こごみ、タラの芽、コシアブラ。

いただきました山菜

冷蔵庫のタケノコなども一緒に天ぷら(このところ天ぷらが多いな!)

天ぷら

お弁当にもこごみとコシアブラ

今週のお弁当

先週の料理は、連休を引きずっている感じの料理の数々

左上から時計回りに山ウドのキンピラ、漬物(大根ツボ漬け、ミズ菜浅漬け、白菜キムチ、キュウリ柴漬け)ステーキ+ブロッコリー+トマトソース、ホタテのアボカド和+スナップエンドー、焼じゃこ天

夜の肴

ニラとモヤシ炒め+残り物ステーキ、キュウイ+チーズ、ワラビ (残り物) +金時豆、山ウドのキンピラ(残り物)

次の夜の肴

朝もこんな感じ、目玉焼きにウインナーにスナップエンドー、水菜

朝のおかず

昼もこんな感じ、残り物満載

素麺のミートトマトソース(スナップエンドー、ブロッコリー、水菜、ミニトマト、トリ唐揚げ

お昼

連休中の食

連休ももう記憶の片隅に、でもこんなものを食していた。(順不同)

連休始め

果物(バナナ、ブドウ、ミニトマト)、目玉焼きにウインナー、レタス

朝食

カツオ、新タマネギ、ミニトマト、スナップエンドー、山椒の新芽

カツオのカルパッチョ

カツオのタタキ大葉とニンニク、サラダ(生ウインナー、チーズ、人参、キューウ

イ、ブドウ、レタスに大葉)

ローストビーフにトマトソース

切り端

トマトソースパスタ(タケノコ、ナス、スナップエンドー)+焼きそば用の麺、レタス+パン

昼食

肴(カツオ、たくわん)、豆腐にイカの麴漬け

酒の肴

先週のお弁当は山菜と人参シリシリトブロッコリー、ウインナー

先週のお弁当

連休4

連休中も当然行きました、潮干狩り

この時期 、2週に1回は大潮(潮干狩りに良い日)がやって来ます。

5月の4日、前回に行って大き目のアサリが採れたのでまたしても梶島!

いつものタカサンパパと一緒です。参照はここ詳しく見られます。連休のまん中日でTV放送が直前にあったようで、人いっぱいでした。

ちょっと少なめだがまあまあです。

大き目を選別して、先ずは料理(この日はワタクシ自ら)

大き目をピックアップ
剥きました。

5㎝前後もまあまあ、有りました。

大き目を計測

新鮮アサリが手に入った時に最近よく作る一番の料理

玉子とさっと炒め

ネギがあったので珍しく作りましたネギと浅利のぬた、見た目は今一つだが美味しかった。

酢みそでネギでヌタ

この日は酒蒸しの画像を取らなかったので。(昔の画像使用)

酒蒸し

海ではびしょびしょになったり、中腰で疲れ切ったりで大変でしたが

満足、満足の潮干狩りでした。

連休3

5月令和になって2日目(実はワタクシの誕生日)知人に誘っていただき

山菜取り、特にコシアブラを見分ける勉強と称して山に入りました。

こんな感じのブッシュを 10mほど かき分けて見つけます。

山菜採り

杉林のちょっと途切れた日当たりが良く、若い雑木がひょろっと生えている

ところがねらい目なのですがね!?

急傾斜

山菜の王様のタラの木(芽)は見つけ易いのだが、コシアブラはちょっと難しい

こんな所はパス

実は上の画像の崖上にはタラノ木があったのだが、全体的にまだ採るには早いらしい。コシアブラもちょっと早めで、採ることが出来る気は少なく、あるところはあるが、ちょっと育ち過ぎ気味のもたまにあり、今年は採取時期の見極めが ちょっと難しいらしい !なのでこの場所ではワラビ狙い

ワラビが生えているが見えない

ワラビ、 日当たりの良い場所にはにょきにょき、結構採りました。

そんな日の夜は当然これだ!

コシアブラ天ぷら

冷蔵庫にあったタケノコも庭の山ウドの新芽も他の野菜も天ぷらにして盛り合わせ

盛り合わせ

自分で採ったように書いてあるが、実はほとんどFさんが採ったものをいただきました。色々ありがとうございました、Fさん、また連れて行ってください。

連休の次の作業は

こんな所で朝から肉体作業です。傾斜地で前の晩雨が降ったので足元滑ります。

太陽も出てきて、明るく写っているが結構薄暗い現場

竹藪傾斜地

地面からちょっと頭を出してるモノを掘り取り出します。

真ん中がモノ

周りを掘ってネモト下を狙ってクワを振り下ろす、画像では分からないが実は相当な傾斜地で足元不如意。いろいろ足元の位置や角度を替えて試すが・・・。

掘り出し

狙いより少し上に当たってしまいました。

掘り出した穴は埋める。

なんだかんだで1時間強、頑張りました!(実は義兄がほとんど掘りましたけど)。ワタクシも汗だくになって息も絶え絶え。

下画像成果品です。数約30数個

大き目がほとんど

段ボールに5箱、重し!

皮をむいて

未だ作業は中ごろ、皮をむき身を取り出す。採ったばかりなので天端部分を食べ

てみましたが、ほんの少しだけ灰汁を感じる程度で新鮮な味。

ほとんど皮

それにしても食べられる部分は全体の1/5程度、ほとんどが捨てる部分

皮はおにぎりの包みにはなるがねェ~。

食べる部分より皮多し

取り出した身と皮とワタクシの足

皮の残骸

豊橋市はバイオマスで生ごみを分別で集めているので黄色い専用袋に詰め込み

糠で灰汁取り

家中の鍋を総動員で灰汁取り作業、キッチン内、大中の鍋、鍋、鍋

冷蔵庫は筍だらけ

茹で上がった(灰汁抜き終了)筍は水と共に冷蔵庫と流し、カウンターにあふれる。

そんな日の肴はこれ!

刺身、カキフライサラダ、モヤシニラ炒め魚粉味