梅雨はあけるか?

蝉の鳴き声がこの2~3日から朝から聞こえ始めた。

なので、恒例の(?)我が家の蝉の抜け殻を数えました。

上りやすいのか4匹

合計20!、このところの最高かな!? 

家の基礎コンクリートにも6匹

早朝に脱皮し立て(最中)の個体を3匹助けたし。

画像のように結構いたる所に抜け殻が。

梅雨が明けるのはまじかの様だ。

アケビには沢山の抜け殻
ここは1匹

もういい加減あけてほしい梅雨。

凄い流れの所為?

雨の多いこの頃ながら、ちょっとの雨の降りの切れ目に散歩

堤防で発見!     ズレている!?

前から少しずれてはいたが・・

近くによると

キササゲ?

この1週間の大水でコンクリートの堤防ブロックがズレた模様

3~4cmの隙間だったのが10cmはある。薄い隙間で頑張っていたキササゲ?もびっくりした模様。この日はそうでもなかったが、この2、3日前は大水だった。

散歩時にじっくり見て歩くといろんなものを発見する。

スマホ慣れてないので。

何とか画像をブログにUPするのだが、時間がかかり億劫になる。

何とか気力を絞って!

刈り込み前
刈り込み後

初夏で河原の草を刈り込むと暑さもちょっと和らぐ感じ

鮎塩焼き

知人に釣りたて鮎を頂き、直ぐに塩焼きにしてご馳走になりました。

ちょっと小さめもありましたがそれが逆に骨まで柔らかく頭からガブリ

新鮮で最高に美味しい鮎でした。Fさん、ありがとうございました。

おまけの画像

夕焼け

昨日ではない、1週間ほど前の夕焼け

スマホ

2週間ほど前にPHS(いわゆるピッチ、微弱電波)を使用からの変更

PHS(時々メールが変になったり、画像のピントが合わないの故障がある)が無くなると言う事でしょうがなくスマホに変更

それでもって苦戦中なのです、画像撮ってもPCに送れない、メールに添付しにくい等。知恵熱出そう。

新コロナウイルス騒ぎであっという間に時は過ぎ、散歩コースの河原も

春の目覚め時
初夏

枯草から青草(それもスニーカーだと湿気で靴ジメジメ)に変化

最近はゴム長靴で散歩、それにしても梅雨はうっとうしい!

またまた、連れて行ってもらいました。

今回は主に歩くのが目的

12日(火)に奥三河の段戸山に行きました。高さは、それでも海抜1、000mはあるそうな。(途中までは車なので上るのは高度自体は300m、距離は3000m程度かな。)

結構明るめの山

適度に落葉樹もあり、快適(杉、桧だけの山は暗い)

頂上の広場

見晴らしは今一かな

左の木には手作りはしごが立て掛けてありました。(不思議?)ここでお弁当を食べて、木々を見ながらゆっくり戻ります。(往復約2時間)

午後からは場所を変えて、先日行った場所で有ったらワラビを採ります。

ガードレールの外側がワラビの採集場所、湖は発電用の貯水池だそう。ブラックバス、アマゴがいるそうだ。(同伴者釣り人)

広い採集場所、前の休日辺りに採った跡はあったが、また出てきていて、結構採れました。帰ってアクを抜いて、この時期だけのご馳走。

結局、出会った人は上る前に1人、トイレ休憩の道の駅で5~7人だけでした。

時間はあるので

つくりました、上から時計回り

アジの南蛮漬け(新玉ねぎ、スナップエンドウ、コシアブラ(山菜)、ラッキョウ)

ホタルイカのオリーブ油炒め(オリーブ、スナップエンドウ、コシアブラ(山菜)

麻婆(豆腐、ナス)

モヤシ、ニラ炒め(魚粉味)

この日はササっとつくる。

オイルサーディンにオリーブ漬け+サニーレタス

山ウド(自家庭)のきんぴら。この山ウドの新芽が1週間に2度程食する大きさになって料理出来るのでうれしい。

昨日の事

昨日、知人に連れて行ってもらいました。

山頂の広場から東側を望む。

どうも雲の真ん中のあたりに富士山があるらしい。この日はお天気抜群、風もなくぽかぽか。

上の方は葉樹が少ない明るい山です。
ミツバツツジらしい。

上り始めは針葉樹が多いが木漏れ日がキレイ

急勾配

この後は山菜採りに夢中

先週末の事

またまた、山に行ってきました。運動できる、空気はキレイ、人にはほとんど会わない。山菜も頑張れば採れる。こんな場所です。

杉林

同行者、離れて行動。

尾根を歩く

山菜ある所はこんな竹の藪、歩くのも非常に困難、野ばらも自生しているのでうっかりすると棘でアイタタになる。

斜面でもある。

分かりにくいが真ん中にワラビが首を持ち上げる格好で生えている。

見つけたワラビ

これはちょっと分かり易いかな、真ん中にやはり頭を持ち上げている。

周りの竹と太さも色も似ているので非常に見つけ難い。が、目が慣れてくると何とか見つかる。

蛇が頭も持ち上げたような形状のワラビ

右の竹やぶの中で頑張りました。人が入っていないのである所にはある。困ったことに、蛇もいた。

鉄塔下

ちょっとよろしくはないかもしれないが、人にはほとんど会わないし、同行者とも車も歩きも離れて、休憩時のみ2メートルの離れを取って会話なので大丈夫かな。もっとも豊橋近辺はちょっと落ち着いたかな。

当方はストレス発散、息抜き出来て、かなりれフレッシュ!

翌日には採ったワラビでビール!2日分はありました。

ワラビのお浸しはこれ!

上のお皿にはワラビのお浸し、下はイワシとサンマの佃煮

先週の画像

首都圏に緊急事態宣言が出て、愛知県も同じような宣言を独自に出した。

東京にも行き辛いし、豊橋からも出難くなってしまったので、カメラにある画像をUPします。先日のぐるり1周の旅とは別に行きました。(切符が余ってしまったので)

出発駅の船町駅内部

天竜峡駅徒歩5分程度の場所でこんな素晴らしい風景、天竜下りで有名なカ所

天竜峡の天竜川

三遠南信自動車道路の開通したばかりの天龍峡大橋

物見の丘より

歩行者用のつり橋、結構、揺れました。

こんな場所でも人少な目

よく見ると、きれいな薄紫のミヤマツツジがちらほら、近くの公園は満開でした。

約1時間の散歩コースも整備されていてなかなか良い感じ

日帰り温泉に入って、施設内の食堂でそばを頂きゆっくり静養できました。

以下画像はおまけ、我が家の春告げ山菜料理

我が家の庭に出た今年の山ウド

早速、天ぷらときんぴらにしました。

きんぴら