バス旅行2019

豊橋木材商工協同組合バス旅行に連れて行っていただきました。

 去年は法事の為行けませんでしたが、今年は富士山ぐるり旅に連れて行ってもらいました。

朝7時30分からプシュッと缶ビールを開ける音と共に出発

どう言う訳かビール写っていない!?

外は朝日が眩しい!

窓に反射の朝日

ビール飲み飲みなので、トイレ休憩早い!浜松SA、沼津SA

結構、紅葉してます。
沼津SA

ここは景色が素晴らしい。

駿河湾、伊豆半島が正面

バスはひたすら昼食の食べ放題、クラフトビール飲み放題会場に急ぎます。

が着いたとたん飲むのと食べるのに忙しく画像無し(いつもの事だが・・。)

せかされ気味の昼食を終わらせ、忍野八海に向かう途中、ずっと雲の中だった富士山が顔を見せました。

ガイドさんの声で一斉に望むが頭がちょっと見えてるはず(ほぼ真ん中に)
まともに見えました!

忍野八海は人が多くて、人にあてられて画像無し (いつもの事だが・・。)

次は白糸の滝、ワタクシ50年ぶりぐらい、ほとんど覚えておりませんが。

白糸の滝1丁度紅葉もあり
白糸の滝2
白糸の滝3

次のこの滝は白糸の滝の近くにある【音止めの滝】、こっちの滝も見応えあり。

手に取れそうな近くにあるので迫力あり

帰りのバスは飲み疲れのなか、ビンゴ(ワタクシ外れ)ゲームをしたり、映画を見たり、居眠りしたり、すっかり良い気分で帰宅したのであった。

豊橋木材商工協同組合 の役員、また関係者の方々、今年もありがとうございました 。

鳥取旅行4

4日目は奈良に寄りながら、東京に戻る行程

奈良で歩き疲れて写真を撮っている元気も無くなっていた様で、画像ほとんど無し。下の画像はお土産の奈良漬けのお店

因みになぜ歩き疲れたかと言えば、東大寺(大仏殿~2月堂、3月堂)、春日大社、正倉院、若草山までぐるりと回り、休憩の昼食予定のお店が 定休日。

夕食のついで時

画像では人が少なめだが、実は結構な人出だったのよ。

居酒屋で飲食、〆食事

近鉄駅商店街

翌日は1日中、車移動日でそれぞれ草臥れて東京に到着でした。

お疲れ様、今度はどこ行こう?

おまけの画像

奈良での画像だが、何を撮りたかったのか不明(それほど酔っていなかったのだが)地下への階段の手すりに掛かる落し物のニットだが??

美保神社近くのお店で見つけた大きなイカ、50~60㎝ありました。タルイカという種類だそうだ。

その日の朝に採ってきたと漁師

山陰自動車道のSAから撮った宍道湖の遠景

2日目の物部神社のトイレの手洗いのバッタ

以上で今回の鳥取旅行は終了

鳥取旅行3

この日は大山のすそ野をぐるりと回りました。

先ずは朝の風景、大山の反対側の風景。

寒い朝でした。

大山のすそ野の大神神社等を回ります。さすがに連休で結構混んでいました。

参道、急な坂道
急な階段が続く

中々渋い200年経った社殿全景、この裏が大山

奥宮社殿
社殿入口
説明カンバン

この後は、ぐるりと回って日本海側に出て、遺跡を訪ねました。

道の駅、温泉施設、ちょっと離れた資料博物館がありました。

博物館だけほとんど人出なく、数十分間我々だけで見学。

説明カンバン
資料博物館

鳥取、島根 この近辺のは遺跡だらけなんですね。掘れば遺跡、古墳なのが理解できました。

この日は早めに帰宅して昨夜の残り物でまたしても鍋、新鮮魚介の刺身も有り。

鳥取旅行2

旅の初日は鳥取米子で早朝(6時~7時)待ち合わせて、軽めの朝食をとって 島根の東北側の美保神社に向かう。(2年ほど前に来て、気に入った神社)神楽の巫女舞を目当てに神社に急いだがこの日は9:00よりらしくてちょっと余裕

鳥居
ここを通って
拝殿、本殿

神楽の巫女舞 を待つ人達(我々もだが)

巫女さん今日は1人

それからちょっと離れた物部神社

ここも田舎にたたずむしっとりとした神社でした。

その帰りにいただいた、海鮮丼はこれだ!

日本海を望むレストランでゆっくりいただきました。

眺めも良し
小さな道の駅だが品は充実

帰り道ではこんな所の道の駅で夕食用鍋のイノシシ肉、野菜を買い、大山を眺めながら鳥取県の倉吉し関金へ!

鳥取旅行

いつもの仲間と先週末から数日の旅行に行ってきました。

こんな景色の所も行きました。ちょうど紅葉の時期(ほんのちょっと早い)で結構キレイに見られました。

大山(だいせん)1
大山 2
杜の中

カニ解禁は6日だったので、食べられず、イノシシ肉の鍋を味わいました。

平等院・鳳凰堂3

境内はこの萩の花真っ盛り

萩の花

平等院の画像残り

浄土院
不動堂

平等院を出て、宇治神社に向かいます。こんな道を通って

参道の近くの道

歩くこと十数分、先ずは宇治神社、そこはごく普通の近所にあるような神社だった。(画像無し)

それでは、宇治上神社 参拝客はいることはいる程度の丁度良い人の出

参門
説明掲示板
お札売り場も手作り
拝殿

拝殿のすぐ裏にある本殿

本殿

確かにこの神社こじんまりしていて、何かほっこりしました。雰囲気良かったです。

少し時間があったので、案内パンフレットを見て近くの仏徳山(大吉山)の展望台へ向かう、これが結構きつい登り山道で数十分みっちり。

所どころ、伐採したままの樹木あり台風で倒れた木々の処理だったかも

折り返し部分

見晴らし台からの眺め、多分大阪方面を望んでいるはずの画像

左側の遥か遠くが大阪か?

登りは時間かかったが、さすが下りは早く下って、京阪の宇治駅に着きました。

京阪のいろんな駅に途中下車しながら京都の街の小道を楽しんでいたが気がつけば雨がぽつぽつ。

しょうがないので、いろんな駅の近くの道だけを巡りながら高速バスの時間まで徒歩小道巡りを楽しんで、少し早めにバス停に

当然、途中のお店でビールと簡単つまみを購入して少し遅れたバスに乗り込んでこの旅は終了。

PS 駅から家まで、勢いのついでに30分の徒歩帰宅でした。

この日の歩数は2万数千歩よく歩きました。この項終了です。

平等院・鳳凰堂2

巡った順番にほぼ沿います。

正門から入って観音堂、シンプルで端正な建物(重文)を見て

観音堂

なんたってここです、完全正面、左右対称、美しい

渡り廊下のような 左右の建物は正面のお堂と繋がっていないんですね

知らなかった!(屋根が一部、納まり悪く繋がっているが・・。)

お堂だけより、左右の建物があると全然違いますね、美しい

お堂に入るには正面裏の渡り廊下よりアプローチ

絵葉書のよう

よく見ると左右の渡り廊下とお堂の屋根がぶつかっているのが分かります。

お堂の屋根の雨水の処理はどうしているのだろう?(専門家的疑問)

正面左側
縁(濡れ)を支える部分の処理も疑問?

次はミュージアムの鳳翔館(撮影禁止で画像無)、農庵林書院

浄土院(実際の法事してました。)、羅漢堂、不動堂などを見学

結構歩きました。

 境内はミストや日陰もあってまあ良いのですが、日の当たるところはさすがに

暑く、お昼にもなったので平等院は退散して食事です。

少し歩いて、JRの宇治駅近くまで行って、地元の人の行くような普通の食事処に

入ってたのんだのはうどん定食(京うどん大好きです。)

かやくご飯ときんぴらと香の物付き

あまりお客いなくて、ここでおばさんに話しかけられて、おすすめの所の地図を

いただきました。

左下が いただいた 地図

宇治に来たなら、宇治神社、宇治上神社に行かなければいけないとの事

その続きはその3

先週行ってきました。 平等院・鳳凰堂

まるで絵葉書のように写っている平等院鳳凰堂

手前の池の蓮も写って素敵です。(えへへ)

ワタクシ見学初めて出す。

ここからだと左右対称に見えない

天気の良いさわやかな風の吹く日にバスで京都宇治に行ってきました。

バスの車内

行きの高速バスは空いてました、2座席で1人(お連れの人でない限り)ゆったり悠々。が、天気が良すぎてカーテンを皆さん閉めてしまって景色が見られず残念

こんなスキマから景色を覗くワタクシ

高速バスと電車(京阪)の乗り継ぎ京阪宇治駅に到着です。

こんな駅です。

平等院鳳凰堂は駅から徒歩10分程度の位置

平等院鳳凰堂の修理が2014年に終わってやっと来られました。

宇治川を渡って参道があります。

参道を5~6分歩きます。

参道
入口門
ここはやはり真正面が美しい

今日はここまで

夏の終わりも青春18切符

夏も終わりに近づき、ちょっとづつ朝晩は涼しくなってきた今日この頃

この時期(9/10迄)、ワタクシは相変わらず、青春18きっぷを利用して帰豊しております。

渋谷から東海道線で沼津までグリーン車で行き、沼津からはホームライナーで。

小田原近辺では車内は空き空き

小田原近辺時の車内

時間はかかるモノの豊橋まで結構優雅、ゆったりでき、ビールを飲みながらこん

な程度の本を1冊読むのが丁度よい。

フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル

またこの本が、結構読みこたえ有ってグッド!

たまに目を外にやれば、こんな風景もあり

車内から根府川近辺撮影
車内から早川近辺撮影

暑いですね!

梅雨が明けてから暑い!!

渋谷駅前もスクランブル交差点を見下ろすビル(正面ビル)も90%完成

西口側の東急プラザ跡地のビルもほぼ同じ今年秋に竣工

暑い渋谷駅前 早朝なので人少ない

そんな暑いある日の夕ご飯の肴

ローストビーフ、豚肉のすき焼き風、トマトとチーズのカプレーゼ、おしんこ

前夜の残りもの(天ぷら、焼黒はんぺん、モヤシとニラ炒め、小松菜と油揚げ煮

びたし)

残り物多し

このところ帰りは沼津までグリーン車、そこからはホームライナー(指定席)

その電車内で、やっと読めたノースライト(横山秀夫)

5時間ぐらいかかりました。