先週行ってきました。

連休明けの11月4日(水)早朝より二時間半かけて愛知県境の長野県側の大川入山

そうです、1カ月前ぐらいに、大変苦戦をした山です。リベンジではないのですが、誘われるままに、反対側から登ってみました。

この日は風もあまりなく、良く晴れたが、寒い!夜のうちは雨が降っていました。

登山口はスキー場跡

遠くの山(南アルプス)は雪化粧

遠くの頂きが白く見えるのが南アルプスの北の端の方

ゆっくり上っていたら、足元が白と紅葉した葉

キレイだが足元心配

この山にも雪が積ってる!。まさかの雪!

雪の中に落葉松葉

非常に情緒はあるのだが・・・。足元が・・・。寒い・・・。

慎重に足を運び結構時間を使って、大川入山が目の前、急登り始めまでたどりつき、(南向きのポカポカ道のちょっとした腰を下ろせるポイントで昼食。

昼食時のポイントの目の前風景

目の前の谷川の松(?)、よーく見ると白い何かが付いている!?。風が吹くと何かがサラサラと降ってくる!、冷たい・・・。樹氷!?、初めて、目の前で見ました。

樹の向かって右側の白いものが樹氷

そんなんでこの日はここで諦めて、慎重に来た道を降ったとさ。

足も右側のひざ横スジのみが軽く痛いのみで、この日は全く無事に帰ることが出来た。

めでたし、めでたし。リベンジは来年だ!(出来るか?)

途中の風景

帰り道で見た樹氷。

真ん中の向こう側の山に見える春のヤマザクラみたいなものが樹氷のついた樹木たちだ。

秋の山

またまた、行ってきました。前回はちょっと無理をしてしまったので今度は余裕の山

と言っても茶臼山近辺の天狗棚と言うらしい山、先週の金曜日の話です。

(なにせ、ついて行くだけの軟弱トラッキングです。)

今回は自然薯のむかご探しと無理やり名づけて出発、車で2時間ちょっと。

山も徐々に色づいてきました。(ほんのちょっと早いが、、、)

所々で紅葉が始まってますね。
ちょっと紅葉している葉も

で、ここで発見です。次の画像はちょっと問題物なので小さいです。

登山道のの横に鎮座

何のフンなのかわからなかったので、まさかと思ったが、グーグルで画像検索!

そしたらなんと!イノシシのフンと判明、すごいぞグーグル!

というかこんな登山道にも出てくるのねイノシシ。

この日は天気も徐々に良くなり、風もなく暑くも寒くもなく快適で往復3時間楽しみました。(見晴らし良い所が少なかったのが玉にキズ)

まだ秋の中ごろの感じの森

月曜日の事

5日の月曜日、誘われて長野県(愛知県境)の大川入山を登ってきました。

標高1908m(ええ~!という程高い)、行きはよいよい、帰りは恐いの文字通りになってしまって大反省。

あと頂上まで1キロの案内板で、あまり休みもせず、急坂をちょっとの無理を重ねて頂上に着いたのは良かったんだが、帰りの下坂の踏ん張りが余りに凄くてひざの裏の筋肉とスジが痛くなってきてしまって、もう大変だった。

紅葉が始まった山
満天星もいい色になっているところも有り

ただし、行きはずっとガスが出ていて、風景全然見えず!

大川入山の頂上
ガスがなければ素晴らしいだろう風景
案内板記入のパロラマなんにも見えず!

帰りの1/4 足を踏ん張ったころにほぼ限界で横向きか後ろ向きでないと降りられなくなってしまって、下山のスピードが約半分。

同行のFさんには迷惑をかけてしまいました。

もっともFさんもワタクシに付き合ってくれて足をつること数回、オジサンたちははっきり老化を悟ったのでした。それでも何とか明るい内に下山できましたとさ!。

これからはもっと慎重にゆっくり、休憩を十分とりながら楽しみます。

PS 帰りの風景は良かったとは思うが楽しむ余裕なかった!

おまけの画像

5~6匹出会ったガマガエル(Fさん情報)

ほとんど動かず、動いてもゆったり(まるでゴム人形)

先週の事ですが・・・

宛名も何もないのね。

先週、火曜日の朝一番で上京、午後に千葉で打ち合わせ、水曜日は山梨の大月で打ち合わせ。事務所に帰って片付けとホームワークの資料を用意してさっさと帰豊してきました。

その事務所に到着して郵便物などを処理していたところ何とアベのマスクが到着しているのを発見!

1個のみ

1個のみだったので、だれに届いたのか分からない(事務所は相棒と2人)

そのままにして置きてきたが、不思議だ!

移動した車両 新幹線は約20人/1車両

地下鉄は座れる程度

早朝のJRは開いている席がちらほら(高尾まで)それから大月まで、空き空き

帰りの列車は画像参照、山の手線は座れる空き具合

豊橋までの帰りの列車(普通列車、ホームライナー)はかなりの空き空き具合。

周りに誰もいない。
新宿到着時には2人/1車両

この車両から降りたのはワタクシを入れて2人

そろそろ、新コロナ、ウィルスの件も落ち着いてきた感。

スズメ

カミさんが食べられないけれど捨てられないお米を持ってきて野鳥にでも食べさせてくれとの事。

アケビの木の木漏れ日の下に脚立に板を乗せてお米を乗せた。

よく見ると、板の上にお米

こんなスズメがやって来ます。すごく慎重で私の姿を見つけると、さっと飛び立つ。

真ん中右横
真ん中左

3羽同時に来ることがあるのだが、なかなかカメラの中に納まってくれない。

私に気づくとすぐ飛び立つ奴と、ちょっと間を開けて動く奴、スズメも個性がどうもある模様。お米を探して板に乗るタイミングややり方もそれぞれ違う。

決死の覚悟2?

今回の東京滞在は2日のみ、2日目も早朝から動きます。6時過ぎに京王井之頭線、明大前で本線に乗り換え、高尾を目指します。(JRでないのは人の少なさと運賃の関係から)

京王線

通勤逆方向と朝早いので 、空いてます。

京王線

やっぱり、ガラガラ

京王高尾線

高尾からはJRで大月まで、そこで用事を済ませて、東京に戻るのは止めて甲府、静岡回りでゆったり、電車の旅を楽しみます。全く貸し切りの様

中央本線(大月⇔甲府)

甲府からの特急ではビールも飲んでお弁当を食べてまったく旅行気分満喫。

めちゃくちゃガラガラ、多分私1人

甲府、静岡で時間待ち合わせでお弁当、飲み物などを買って

甲府発静岡行きのふじかわ号も1車両に2人(私を入れて)
甲府盆地に入って直ぐの景色
遠くには雪を被った南アルプス
桃の花も咲き始め
富士あたりの富士山

富士山は丁度雪の部分の上部分は見えず、ちょっと残念

ですが、見える山見る山、緑が微妙に違った緑でとても美しいです、こんな時に普通に出かけられないのは本当に残念。

静岡⇔浜松のホームライナー

静岡からは特急車両を使ったホームライナーで浜松まで、ここもガラガラ4人席を1人で使用

東海道線(浜松⇔豊橋)

何時もはもっと込々の東海道線もこんな具合、本当に人が少ない。

皆さん移動を自粛しているのが良くわかります。私も仕事と診察というやむを得ない理由でお出かけしましたが、やはり極力、お出かけ行動は自粛をします。

(私は取れるだけの人との接触を避けるルート、時間、方法を取りましたが、やっぱりどこかドキドキの心持でした。)

決死の覚悟?

病院に行ったり、打ち合わせをする必要から行きたくもないが、今日の始発の新幹線で上京しました。

新幹線は予想通り車内はスキスキで周り2m以内には人はいません。すぐ寝てしまったので画像は無し。

品川で降りて山の手線田町駅まで出て、バスで病院に向かい、診察、お薬をいただきました。

朝8時の山の手線車内

山の手線車内も周囲に人はおりません、スキスキで、助かります。普段なら考えられない空き方

バスの車内

バスもご覧の通り、通勤時間帯とは考えられない空き方

内科の待合室

病院内もいつもに比べるとガラーンと言った感、その方が私には良いけれど。

先生もいつもと変わらずのんびりとしており、何となく安心(肩の力が抜けました)

明日は打ち合わせで山梨の大月まで出かけて、その足で東京に戻らず静岡に抜けて豊橋に帰る予定、いずれにしても混まない車両、時間帯、方向で乗り切ります。

先週の画像

首都圏に緊急事態宣言が出て、愛知県も同じような宣言を独自に出した。

東京にも行き辛いし、豊橋からも出難くなってしまったので、カメラにある画像をUPします。先日のぐるり1周の旅とは別に行きました。(切符が余ってしまったので)

出発駅の船町駅内部

天竜峡駅徒歩5分程度の場所でこんな素晴らしい風景、天竜下りで有名なカ所

天竜峡の天竜川

三遠南信自動車道路の開通したばかりの天龍峡大橋

物見の丘より

歩行者用のつり橋、結構、揺れました。

こんな場所でも人少な目

よく見ると、きれいな薄紫のミヤマツツジがちらほら、近くの公園は満開でした。

約1時間の散歩コースも整備されていてなかなか良い感じ

日帰り温泉に入って、施設内の食堂でそばを頂きゆっくり静養できました。

以下画像はおまけ、我が家の春告げ山菜料理

我が家の庭に出た今年の山ウド

早速、天ぷらときんぴらにしました。

きんぴら

先週の事

世の中はウイルスで大変(特に大都市)だが、家にじっとばっかしてもいられないので青春18切符を使って、各駅停車の列車で静岡、長野、山梨県をぐるっと回ってきました。ただ乗っているだけの乗り鉄旅。

愛知県三河地方、静岡県、長野県、山梨県は新コロナウイルス感染患者数多くても十数人なので、東京に行くよりずっと安全(と言うか気持ちが楽) 、列車内も当然のことながらガラガラで専用列車のようです。

自宅より数分のJR東海の飯田線の船町駅

ホームは左側、駅上の線路の奥
駅内部の様子この階段でホームに出る
乗車30分位の風景

丁度桜が満開に近い絶好の時期で車窓で眺めるだけでお花見(駅は結構桜が植えられている。)

川は多分天竜川

飯田線は豊橋に近い所は豊川(トヨガワ)だが上流に行くと複雑に入り混じっていて判別つかない

佐久間ダム近辺、川は天竜川

飯田線、飯田駅を通り越して天竜峡(天竜川下りで有名)

天竜峡までの車内、5人/車両でした。

天竜峡、飯田で列車乗り換え(乗り換え時間数分)て上諏訪駅着。ここで15分の休憩

甲府手前の新府駅

トイレ休憩とパン、引き続いて中央本線で甲府、ここで身延線に乗り換え

甲府駅
正面が甲府城
甲州の善光寺
満開
美延駅

3時間ほど乗って東海道線の富士駅、そこからはいつも利用するホームライナーで一気に豊橋、船町到着21時(飯田線6時に乗って15時間)、ほとんど乗り続めのぐるっと1週の旅でした。因みに青春18切符なので1回利用費は2410円  おしまい

先々週と今週

先々週に友人の(鳥取まで行く)車に便乗し、途中で降ろしてもらい帰豊

今週はその車に途中で拾ってもらって上京

その拾ってもらったPAが画像の美合PA、小さなPAで昼時だったので車いっぱい

東名高速美合PA

このPAまで行くのは、最寄りの駅まで電車で行き、後は40分程てくてく歩きます。こんな所を通って

農道
東名高速の下をくぐって
こんなお寺も見ながら
道路沿いの皮を見ながら

よく歩きました、おかげで予定時間ギリギリでPA到着。

私は完全安全運転、友人はそれなりの運転

第二東名の静岡SA
港北PA

車内からの眺めはこんな感じ

川崎ICの手前当たり