平等院・鳳凰堂3

境内はこの萩の花真っ盛り

萩の花

平等院の画像残り

浄土院
不動堂

平等院を出て、宇治神社に向かいます。こんな道を通って

参道の近くの道

歩くこと十数分、先ずは宇治神社、そこはごく普通の近所にあるような神社だった。(画像無し)

それでは、宇治上神社 参拝客はいることはいる程度の丁度良い人の出

参門
説明掲示板
お札売り場も手作り
拝殿

拝殿のすぐ裏にある本殿

本殿

確かにこの神社こじんまりしていて、何かほっこりしました。雰囲気良かったです。

少し時間があったので、案内パンフレットを見て近くの仏徳山(大吉山)の展望台へ向かう、これが結構きつい登り山道で数十分みっちり。

所どころ、伐採したままの樹木あり台風で倒れた木々の処理だったかも

折り返し部分

見晴らし台からの眺め、多分大阪方面を望んでいるはずの画像

左側の遥か遠くが大阪か?

登りは時間かかったが、さすが下りは早く下って、京阪の宇治駅に着きました。

京阪のいろんな駅に途中下車しながら京都の街の小道を楽しんでいたが気がつけば雨がぽつぽつ。

しょうがないので、いろんな駅の近くの道だけを巡りながら高速バスの時間まで徒歩小道巡りを楽しんで、少し早めにバス停に

当然、途中のお店でビールと簡単つまみを購入して少し遅れたバスに乗り込んでこの旅は終了。

PS 駅から家まで、勢いのついでに30分の徒歩帰宅でした。

この日の歩数は2万数千歩よく歩きました。この項終了です。

平等院・鳳凰堂2

巡った順番にほぼ沿います。

正門から入って観音堂、シンプルで端正な建物(重文)を見て

観音堂

なんたってここです、完全正面、左右対称、美しい

渡り廊下のような 左右の建物は正面のお堂と繋がっていないんですね

知らなかった!(屋根が一部、納まり悪く繋がっているが・・。)

お堂だけより、左右の建物があると全然違いますね、美しい

お堂に入るには正面裏の渡り廊下よりアプローチ

絵葉書のよう

よく見ると左右の渡り廊下とお堂の屋根がぶつかっているのが分かります。

お堂の屋根の雨水の処理はどうしているのだろう?(専門家的疑問)

正面左側
縁(濡れ)を支える部分の処理も疑問?

次はミュージアムの鳳翔館(撮影禁止で画像無)、農庵林書院

浄土院(実際の法事してました。)、羅漢堂、不動堂などを見学

結構歩きました。

 境内はミストや日陰もあってまあ良いのですが、日の当たるところはさすがに

暑く、お昼にもなったので平等院は退散して食事です。

少し歩いて、JRの宇治駅近くまで行って、地元の人の行くような普通の食事処に

入ってたのんだのはうどん定食(京うどん大好きです。)

かやくご飯ときんぴらと香の物付き

あまりお客いなくて、ここでおばさんに話しかけられて、おすすめの所の地図を

いただきました。

左下が いただいた 地図

宇治に来たなら、宇治神社、宇治上神社に行かなければいけないとの事

その続きはその3

先週行ってきました。 平等院・鳳凰堂

まるで絵葉書のように写っている平等院鳳凰堂

手前の池の蓮も写って素敵です。(えへへ)

ワタクシ見学初めて出す。

ここからだと左右対称に見えない

天気の良いさわやかな風の吹く日にバスで京都宇治に行ってきました。

バスの車内

行きの高速バスは空いてました、2座席で1人(お連れの人でない限り)ゆったり悠々。が、天気が良すぎてカーテンを皆さん閉めてしまって景色が見られず残念

こんなスキマから景色を覗くワタクシ

高速バスと電車(京阪)の乗り継ぎ京阪宇治駅に到着です。

こんな駅です。

平等院鳳凰堂は駅から徒歩10分程度の位置

平等院鳳凰堂の修理が2014年に終わってやっと来られました。

宇治川を渡って参道があります。

参道を5~6分歩きます。

参道
入口門
ここはやはり真正面が美しい

今日はここまで

夏の終わりも青春18切符

夏も終わりに近づき、ちょっとづつ朝晩は涼しくなってきた今日この頃

この時期(9/10迄)、ワタクシは相変わらず、青春18きっぷを利用して帰豊しております。

渋谷から東海道線で沼津までグリーン車で行き、沼津からはホームライナーで。

小田原近辺では車内は空き空き

小田原近辺時の車内

時間はかかるモノの豊橋まで結構優雅、ゆったりでき、ビールを飲みながらこん

な程度の本を1冊読むのが丁度よい。

フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル

またこの本が、結構読みこたえ有ってグッド!

たまに目を外にやれば、こんな風景もあり

車内から根府川近辺撮影
車内から早川近辺撮影

暑いですね!

梅雨が明けてから暑い!!

渋谷駅前もスクランブル交差点を見下ろすビル(正面ビル)も90%完成

西口側の東急プラザ跡地のビルもほぼ同じ今年秋に竣工

暑い渋谷駅前 早朝なので人少ない

そんな暑いある日の夕ご飯の肴

ローストビーフ、豚肉のすき焼き風、トマトとチーズのカプレーゼ、おしんこ

前夜の残りもの(天ぷら、焼黒はんぺん、モヤシとニラ炒め、小松菜と油揚げ煮

びたし)

残り物多し

このところ帰りは沼津までグリーン車、そこからはホームライナー(指定席)

その電車内で、やっと読めたノースライト(横山秀夫)

5時間ぐらいかかりました。

7月の事

中旬に5年ほど前に竣工した福祉施設のちょっとした相談を受けて出張

その途中の神社の境内で時間調整

参道
社殿
境内

先週の帰豊時は例の青春18きっぷ利用

沼津までは普通列車のグリーン車で快適

沼津からも特急列車車両仕様のホームライナーで浜松、豊橋まで1列車で超快適

小田原を過ぎているので空き空き
ホームライナー内も空いている。

こんな空き具合で大丈夫?といらぬ心配をしてしまうホームライナー

無くなると困るのでせっせと利用

画像は田子の浦辺りかな?

車内からの画像

ある日の新幹線中で

平日の早めの夕方の下り新幹線の中、乗客少なめ。

なのに右横の2人のサラリーマン、ビールロング缶2本とお弁当で大盛り上がり

同じ並びの窓際の人も前の席の人も、ビールロング缶

皆さん出張帰りでホットしての1杯なのでしょう。

負けずにワタクシも普通缶、飲みました。(競ってどうする!)

客少な目
社内販売の後ろ姿

週末前の夕方の新幹線ひかりの車内はなんかちょっと緩めの空気が漂う。

連休4

連休中も当然行きました、潮干狩り

この時期 、2週に1回は大潮(潮干狩りに良い日)がやって来ます。

5月の4日、前回に行って大き目のアサリが採れたのでまたしても梶島!

いつものタカサンパパと一緒です。参照はここ詳しく見られます。連休のまん中日でTV放送が直前にあったようで、人いっぱいでした。

ちょっと少なめだがまあまあです。

大き目を選別して、先ずは料理(この日はワタクシ自ら)

大き目をピックアップ
剥きました。

5㎝前後もまあまあ、有りました。

大き目を計測

新鮮アサリが手に入った時に最近よく作る一番の料理

玉子とさっと炒め

ネギがあったので珍しく作りましたネギと浅利のぬた、見た目は今一つだが美味しかった。

酢みそでネギでヌタ

この日は酒蒸しの画像を取らなかったので。(昔の画像使用)

酒蒸し

海ではびしょびしょになったり、中腰で疲れ切ったりで大変でしたが

満足、満足の潮干狩りでした。

鳥取倉吉、関金方面旅行

3日(水)に東京を出発、その日は愛知豊橋(我が家)に泊まって

翌日に鳥取、倉吉に向かって高速をひたすら走り、午後早めに到着

友人の車

倉吉市関金は温泉の町ですが友人宅はこんな感じ

ちょっと荒れてはいるが庭園、茶室、アトリエまであって広い。

友人は母親の介護に定期的に通っている。それに便乗のワタクシ。

居宅の南にアトリエ

住む家族の減少と老人化で、お庭に手入れが少し足らずに荒れ気味かな。

居宅

右側に池

茶室

正面の雪山は大山(正面)と蒜山(左側)、この日は暖かで、

のんびりゆったり。土筆があぜ道にびっしり。

周りはこんな景色

お日柄も良かったので、午後は倉吉までお花見、満開です。

屋台もいっぱい出てます。

屋台並び
花見会場のちょっと上からの花見

青春18切符(2019年春)

3月1日から始まってます。今期初

毎度おなじみの室内

小田原の先の根府川近辺なので乗客少なし

車窓より

天気今一つ、晴れていれば絶景の根府川沖

海も近いが山も近い

景色はあっという間に変わる。

厚目の本を1冊、沼津からはホームライナー