渋谷の早朝

渋谷駅前近辺

何せ人は多いのでゴミ等が夜の間に道まであふれ出ます。

早朝にそれぞれ皆さんが道路掃除したりゴミを収集所に出したりしてます。

なので、普通の朝の時間帯にはきれいな道玄坂や百軒店になってます。

(本当の早朝だと何だかんだと言ってもすごいゴミの量が投げ捨てられているのが

見られますよ。)

朝、散歩しているとこんな車があちこち数多く見受けられる。

桜ヶ丘コンビニ前
こんな所にも(山の手線高架下)
道玄坂を入った所(ホテル街)

早朝に忙しく仕事をしている。ご苦労なことだが、運転結構乱暴(に見える)

 

カメラを忘れて

カメラを豊橋に忘れてしまって新しい画像がUPできない。

なのでPCに入っている画像のみの画像

カミさんの実家のキューウィ、しっかり追熟させているので小さいが

しっかり甘い。

食事時には何らかのフルーツが出る。

今の時期なら、柿、リンゴ、みかん、パイン、キューウィ、たまにパパイヤ、マンゴー

実家のキューウィ

次の画像は建材のくず材入れ袋

たまに建築現場で端材やくず材をいただくのだが、それを入れる袋

ここんとこ5~6年はこんな化学製品がメイン

これが1年持たずに紫外線劣化でボロボロになる。

見事に小さくなって風で舞う。

どうかと思うよ!?ワタクシ的にはいかにくず袋とはいえ使いたくないな。

使用終わりは他の袋に入れて燃やすごみで出さざるを得ない。

ボロボロ

薪作り作業している場所の道路向こうには水仙が元気

そろそろつぼみを出すころ。

青々元気

コンサート

ジャズが分からないワタクシでもこの名は知っているロン・カーター

知人が誘っていくれたので上野の文化 会館小ホールまでお出かけ

ベースとピアノ、チェロ、バイオリン、ドラムスのサウンド共演

ロン・カーター

去年もこの時期に誘ってくれてます。知り合ってもう40年以上になりますね。

いつもありがとうございます。

上野駅公園口改札出て直ぐ

改札外の風景

文化会館入り口

秋、真最中の上野公園、落ち葉が舞って柔らかな明かりと相まってきれいです。

にぎやか
公演終了後の内部(だいぶピンボケ)

この後、軽く飲みながら食事

電車を待つ上野駅ホーム(山の手線)

午後10時前

渋谷に戻って歩道橋からの高速と駅側の夜景

結構キレイ

高速は下り線、一般国道は上りだけが混み混み

薪作り

1週間ほど前に知人から柿木の情報を教えてもらい、薪がりに行ってきた獲物が

車の後ろに見えるモノ(根元に近い部分や根そのものもあり)

車の薪はその残り物

残り物

柿木の老木を若木に更新のために伐採

畑の老木の塊

それを一定の長さに切り出して割る。

画像はご近所さんにもらった桜の木(割り台の2つも桜)

割る桜の木を台に乗せて

割り台に乗せた桜の木

アックスを振り上げ割る。

この時はパカンと割れました。

割れた薪を2階に運び(吊り上げ)乾燥させる。

吊り上げ中

ワタクシ、趣味薪ストーブ一般

作業色々あります、でもいろいろ楽しい

それを燃やすのは温かい!

乾燥のため積み上げ中

雑多な木の種類、建材も多量にあり、いざと言うときに助かります。

片付け中

そんな疲れた日の夜の肴はこれだ!

鯵と剣先イカの刺身、イワシとモズクと人参、胡瓜の糠漬けの酢の物

焼イワシ、フルーツ(柿、キユゥーイ、アボカド、レモン)

つまみの数々

新海苔

久しぶりにWEBのお知らせ

今年も愛知県の新海苔(乾海苔)購入

大体毎年12月10日前後

去年は12月11日に掲載

新海苔10帖(100枚)

早速、何とか寒くなって火を入れている薪ストーブで炙って味見

今年の味は特徴はあまりなし、口どけは良し

暖冬なので不作気味かな、製品として出されているだけでもOK

画像、光が変に反射で申し訳ない

遠赤外線で炙る

早速、今週のお弁当のおにぎりに使用

今週のお弁当

新海苔のおにぎり

松坂牛のすじ煮込み、(友人のお土産)、卵焼き

カキフライ、トリ唐揚げ、天ぷら(ナス、イモ、椎茸、かき揚げ、竹輪)

レタス、ラディッシュ

 

ビッグコミック

もう50年も経つのね。

覚えています、高校の時だった。

いつもは少年マガジン(谷岡ヤスジの鼻ジ、ブーの世界)から

青年誌のビッグコミックへ

と言うことで朝からお出かけ

川崎ミュージアム(等々力緑地内)

シニヤ料金ありました。

入場券

とても大きな建物の一角が会場。

こんな所を通って

小学校の美術の授業なのかスケッチブックを広げてゴソゴソやってる横を通って

催し場へ

建物入り口

この展示のお客さん数人だけ

50年分

数冊ほど実際読む事ができます。

50年分
原画(着彩)

20~30年はよく読んでいたが最近はほとんどビッグオリジナルだけになってし

まったな。この10年位の掲載されてるのはちょっとワタクシに合わないのが多い

 

ここんところの肴

先々週、先週と体力を使った作業が多くて、夜にはそれ用の肴

豚肉と小松菜炒め(ナンプラー味)、フライ(黒はんぺん、コロッケ、メンチ+

キャベツとレタス)、塩辛

先々週の肴

追加はこれ

鰹のカルパッチョにデザートの電子リンゴ(レンジで加熱)

メインみたいなもの

次に日もたっぷり肴

先ずはこれ

ご近所にいただいた銀杏(今季初)

銀杏

メインはフライ各種(カキ、コロッケ、メンチ)、昆布と豚肉と油揚げ煮付

人参とレンコンのきんぴら、塩辛、カツオ刺身、(残りの)豚肉小松菜炒め

松前漬け、白菜漬け

たっぷり肴

他の日も

昆布と豚肉と油揚げ煮(残り物)、電子レンジリンゴ+生ハム、

チーズ(ピカンテ)+ドライイチジクにアケビジャム、浅利佃煮

塩辛(残り物、白菜漬け

肴らしい肴

メインはこれ

蒸し伊勢海老

伊勢海老は義兄にいただき(初秋に)冷凍していたもの

結構な大きさ丸まっている伸ばせば30㎝越え

美味しかった!

東京都立 六義園

東京都立 六義園の入り口

(画像カメラ不調でピントが変だがご勘弁)

ちょと離れた散歩、ワタクシ初めてですここ

六義園

ワタクシ65歳で割安150円

入場券

ちょっと早めの紅葉干渉だが人出は多し

ちょい早いかな紅葉

真ん中部分がボケる。(カメラ落として故障かな?)

真ん中部分がボケ

人を避けているので少なく見えるが結構な人出

人を避けて撮影

広いです!

そんな日の前週のある日のお昼

缶詰カレー(ホワイトカレー)に手を入れて、野菜(キャベツとレタスとブリッコリー)

コロッケに松前漬け

缶詰カレー

薪作り

そろそろ薪作りを始めないとダメにしてしまいそうな樹木の数々

主に柿の木(ほったらかしにするとすぐ虫が入りボロボロに)

薪作り作業場

玉切りにした桜は割りました。

二股部分は割り難い!

二股に部分

枝の無い幹はパカーンと割れる。

割りやすい部分
パカーン

そんな体を使った日の夜はこんな肴

生ハムとアケビジャムにクリームチーズ

鰹のカルパッチョ、モズク酢+オレンジジュース+らっきょう、白菜漬け

お出かけ

川崎市の登戸から徒歩なら15分弱、バスなら5分

ずっと行きたかった藤子・F・不二雄ミュージアム

外観はこれ、結構シンプル、近くには生田緑地、民家園などもある。

入場するには事前にコンビニなどで前売り券が必要(直にミュージアムに行っても入れません)

で午前10:00に合わせてお出かけ

着いた時点で20~30人の行列と1台のバスあり(アジア系外国の人の団体)

1時間ごとの予約制なのでそれほど混まないが、団体が入ると少し騒がしいかな。

外観

前売り時刻予約券なのでそれほど混まない。

ガラス越しの団体行列の眺め

内部は基本的に撮影はダメ

各展示毎に説明端末を貸してくれる。

藤子・F・不二雄は【ドラえもん】を描いたの漫画家

(もう一人は藤子 不二雄Ⓐ)

神様の手塚治虫は別として好きな漫画家だが、どちらからと言えば前者の

藤子・F・不二雄方が好き

外部庭園
屋上テラスに続く庭園
屋上テラス

屋上テラスからは眺めも有り。

1時間ちょっとの鑑賞だが満足(ちょっと騒がしいが)