久々の山

3か月ぶりに山に行ってきました。いつもの相棒のFさんが誘ってくれました。

因みにFさんは釣り人、夏は川に入って鮎を釣っているので真夏の山はありません。

(私も1人では嫌だし、夏は暑くてそれなりに嫌)

行先は愛知、長野の県境の茶臼山(愛知の山の観光地)

冬はスキー場なのでリフトあり
結構な人出

連休の20日だったので、すごく賑やか! 

私たちはスキー場を真ん中に2カ所の山に登りました。

秋のシーズン最初なので、楽な足慣らしの登山でした。

ところで、その後の彼岸花はこうなってます。

遠目には元気な感じですが
かなりしおれ気味

さー!秋です。

彼岸花のその後

9月22日 朝の姿

よく見ると萎んでいる。

根本はこうだ。

球根からにゅっと伸びてるが出ている球根は思ったより少ない。

因みに23日も見た(画像無)がほとんど変わらず。

彼岸花

にょきっと伸びてくると早い!前回の画像からから2日目(多分、芽が出てから3日目)

もうつぼみもしっかり有り
つぼみ

上画像の次の日 3日目

全体に長さが伸びて、つぼみが開き気味
開いては無いが、、、、

上の画像の次の日(9/16)  4日目  もう咲いてます。

芽が出たら早い事!

いくつかは開いてる。
開いている花。

しっかりお彼岸には咲いてる訳だ。凄いな!

雨の後にはヒガンバナ

真ん中少し上の黄のアスパラのような茎がヒガンバナ

木曜日朝には球根状態だったのが、週末の2日ほどでにゅっと伸びてました。(びっくり)

黄色っぽい茎がにゅっと

よく見ると赤い花弁も見えてます。

真ん中ににゅっと

花が見られるのもすぐかな?

それにしても見事にお彼岸になると出てくるね!

こんな所で黄昏夕涼み

歩いて堤防の120歩の堤防で天気の良い日は夕日を見ながら夕涼み(画像は1週間ほど前)

堤防から豊川見下ろす

去年の秋にしてみたらなんか習慣になってしまいました。

ビーか酎ハイ、1缶持って、夕日を見ながら黄昏てます。知人等が声をかけてくれます。

ちょっと離れてみた所
空には飛行機雲
チェアーに座るとこんな景色
ちょっと暗くなって

約1時間弱ゆっくりします。ここんとこの雨でなかなか出られなかったが、
(昨日は途中で雨に降られた。) 一時の暑さは無くなり、風も涼しい(寒いくらい)

虫の音も聞こえるようになって秋本番近しの今日この頃。

この頃

続いていた雨の日もやっと終わり、川の流れも緩やかになってきた。

夕方に夕涼みに堤防まで出て川面近くに陣取り。

よく見ると、鮎が群れていたり、手長エビが泳いでいたりする。

と言う事はまあまあキレイな水かな。

親子かな!?

それはそれで微笑ましく、ほんわかする気持ちで良いのであるが、黄昏タイムスの帰りに色んな所で先週末の残骸を見つけたりした。

確かに雨が続いてやっと少雨模様が納まった週末ではあったので河原で BBQ の気持は分かるが、これはダメだ!

ゴミ1
ゴミ2
ゴミ3
ゴミ5

せっかく良い気持ちになっていても、がっくりして帰ることになる。

週末はほとんどこんな感じだ!

怒より悲しい!

台風

コロナ渦は終わらないが、オリンピックは終わり、台風がやって来た。

豊橋も台風特有の空模様で、めまぐるしく変わる。どしゃ降りから一気に太陽が見えた。向こう側はどしゃ降りだろうな。

そんな天気の中、雨を避けて散歩

上の画像の2~3分後

そんな天気でも、田はもう実りの時期、1カ月もしないうちに稲刈りとなる。

8日の画像
8日の画像

セミ

今年もセミが羽化して残った抜け殻が20数個、まあ平均かな!?

道路側
緑のカーテン内側

地中から抜け出した穴はわりに集中

穴が幼虫が地上に出た跡
7年ほど前に卵を産み付けたのね!

7月の初旬に初めの穴を見つけたが、このところは新しい穴は見つけられない。

今年も中止

毎年、豊橋では7月の中旬に花火大会があるのだが去年に続いて今年も中止!

それでも、10分位、ミニミニ花火大会をシークレットでやってくれた>

打ち上げる音がしたので、急いで堤防へ!

約1㌔先の河原で打ち上げ

来年は開催できるのかな?

(画像は7月中旬ころ)