2019年・初潮干狩り

開始直後、潮がそれほど引いていません

今年も行きました、潮干狩り、この日はワタクシ1人

この2~3年、愛知県三河地方の浅利は不良が続いてました。

今年はどうでしょうかね?

行ったのは渥美半島の先端部分に近い小中山漁場 2.000円/1篭(4~5㎏)

今年から値上げ(1.500円から)採れれば文句はないですがね。

ワタクシ出遅れました。すでに100m以上並んでました。

ここは潮干狩り道具貸し出しのみなので、道具足りなくならいか心配!

真ん中奥が受付
駐車場満杯  はるか先が受付

海に入ってからは一心不乱に採集作業、初日なので、浅利自体は気持ちやや小さ

めながらいることはいます。

手剥き浅利

左の銀色のモノが浅利剥く道具、三河地方独特のモノらしい。

剥きながら、こんな生き物を発見。NETで調べてみると

【蟹はアサリなどの2枚貝に寄生する蟹で、名前はピンノ】と言うらしい。

剥いていると結構見つけます。

蟹の幼虫⁇

いつもの浅利入りスクランブルエッグ!浅利たっぷり!

味ちょっと甘め
ワイン蒸し

今年のお初なのでいつもの料理を作りました。

おまけに浅利の味噌汁

鍋に水と浅利
出来上がりに小ねぎを散らして

今年はこのところの不漁は何とか通り抜けて、まずまずの漁らしい。

とにかく、この時期の浅利は絶品!